読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El que rie ultimo rie mejor.

最後に笑う者が勝者

滝つはいいぞ

ガ●パンみたいな見出しですがまったくかんけいないです。

ここ最近のブログやツイッターを読んで、n番煎じですが、滝つの好きなところを書きたくなったので書こうかなーと。

以下文末すべてに個人の感想ですとつけていただいて構いません。

 

諸事情で現場に足を運べていないお茶の間翼担・エイト掛け持ち・声優沼に落ちかけてるわたしが推すたきつのよいところ。

 

(1)ビジュアル

なんといっても見目の良さ。

いつ見ても365日24時間リアルファイナルファンタジーな麗しさを放つ滝ちゃん。

澄まし顔から気の抜けた笑顔まで、その美しさが崩れることない。

金髪も黒髪も似合うし、自分の美しさに頓着しない様子だけど、自分に似合わない髪形はしないのも素晴らしい(後述)

小柄ではあるけれどバランスの良い実用的な筋肉のつき方をしているカラダ。

カードゲームなら間違いなくSSR

なんで私はこの人が担当じゃないのだろうと思うこともしばしばある翼担。

一方の翼はいつ見てもビジュアル変動が激しい。

私はツイッターのプロフで翼のことをキャラデザ最強・作画高低差激しいと記してるのですが、まぁ、安定しない。髪形一つとっても露出のたびに代わってる。いわんや体形は痩せたり太ったり(薬の影響もあるのかもしれないけど、食道楽も影響していると思う)作画担当しっかりしてー!となることもしばしばだけど、その目力とオーラだけは一貫として変わらず強い。あといつでも圧倒的におしゃれ。似合おうと似合うまいと自分が好きな装いを貫くセレブ的生き物。

 

白と黒、光と影、ピンクとブルー、釣り目と垂れ目、犬顔猫顔と好対照な二人。 

そんな美の暴力と美の混沌が並び立ち引き立てあう滝つが並んだ時の画面の強さはずば抜けてると思うのですよ。並んでる姿、久しく見せてもらえないけれど。

滝ちゃんの美しさにかすまない翼はすごいぞと思う翼担。

 

(2)ダンス

シングル曲はファンのみんなと一緒に踊ろう☆な振り付けでおなじみの滝つさんですが(そして客席はみんな普通に踊る。なんなら間奏でも踊る)かつての黄金期で揉まれてきただけあって基本技術はしっかり叩き込まれているので、ガチで踊ったとき、腰に魔物を飼っている翼だけではなく、滝ちゃんも基本に忠実な美しい踊りを踊るのですよ。普段は振り抜けとかあるけど。ダンスガチ勢の翼と並んだ時に遜色ないと言ったらうそになるけど見ていて苦しくならない程度には踊ってくれるのですよ滝ちゃんも。

先走ってるわけではなくカウントの取り方がコンマ数秒早い分余裕が生まれてるのかな、とダンス素人の目から見た感覚ですが、長い手足が、手指の先までしっかり意識した、髪の毛の動きさえコントロールしてるかのような情念の踊り子翼。

わかりやすく踊ってる!となるのは滝翼祭Amazon CAPTCHAのDiamondでしょうか。トラビスの振り付けのほう。

翼が踊れることはプレゾンやD&RのDVDを見ていただくのが一番なのですが、個人的にはTACKEY&TSUBASA Premium Live DVD~5th Anniversary Special PackageのDo me crazyがおすすめです。ダンスは当然良いとして衣装がとっても厨2!首輪に鎖にハットつけてるんだぜ…バックにデビュー前の五関先輩とガヤさんつけてるんだぜ…ダンス指導してるのもよい…

 

(3)歌/声

低音域メインでも高音もそれなりにいける翼と、話しているときは割と低いトーンだけど、歌声はかつてきれいなソプラノだねと褒められたことのある(だいぶ昔のことゆえソースを忘れてしまったので詳細をご存知の方がいたらご一報を)高音域の得意な滝ちゃん。

話し方はつんのめるくらい勢いが…!ではなく、ゆっくりと穏やかに事務所・事務所外の同世代と比べても落ち着いた話し方をする二人。抑揚がないわけではなく、ラジオを聞く限りでも感情はダイレクトにでており、聞きやすい(翼に関しては呼吸を改善するとよいのではないかな、すーすーする癖直そうね?)

余談ですが二人の各文字も対照的で、あまり上手ではないけれど頑張って丁寧に書こうとしている男の子の書く字の滝ちゃんと、癖はあるけれど達筆の部類の翼に性格を感じる。余談終わり。

不思議なことに二人の歌声は似通っていて溶け合って、正直なところ歌自慢の各先輩後輩ユニットには負けないと思うよ(欲目?)耳なじみの良い歌声なので長時間聞いていても疲れない。

alacascadaoeste.hatenablog.com

直近のアルバムが2015年12月という事務所にもえ●べにもユニットの存在を忘れていませんか?と殴り込みに行きたい現状ですが、これがとても良い出来のアルバムなので、どうにかこうにか一度でいいから聞いてみてほしいです。

今年15周年という事務所でも中堅どころな結成年数のわりに、出ている枚数が少ないうえ、アマゾンでまだ初回限定が入手可能なCDがこれだけAmazon CAPTCHAあります。ダイレクトマーケティングです。

のりのりもしっとりもお耽美もがちゃわちゃもまるっといける滝つはいいぞ

 

(4)二人の掛け合い

闘争本能は内に秘めていたとしても、二人とも基本的にはおっとりしています。多少毒舌な面も見え隠れしてますが基本的には傷つけない系MCです。下ネタはいれても小学生レベル。

別ベクトルに天然でマイペースな二人ですが、ボケてる自覚がないままぼけていく、ツッコミのはずがそれすらもボケ、相手がボケてることに気づかないボケ殺しの滝ちゃん。ボケたいだけボケて振り回す、すかしてボケてる(のでボケに気づかれにくい)あまりにボケてる滝ちゃんに対し弄りツッコミに回る翼。

まったりとボケ、ボケとして処理されないまま流されていくものはファンが内心で突っ込む。

以前少年倶楽部プレミアムでV6坂本くんが翼が仕切ってるMCが面白い、とほめてくれててうれしかったなー。

 

(5)CD/DVDをコンプリートしやすい。

上でも少し触れましたが、15周年でユニットで出ているシングル16枚・アルバム8枚・DVD6枚・MVクリップ2枚とかなり枚数が少ないので、少し気になるわー、ちょっとみてみようかしらんという方が集めるにもお財布にやさしい。とりあえず楽曲的にビジュアルで見てみたい方はタキツバCLIPSAmazon CAPTCHAとタキツバCLIPS2Amazon CAPTCHA、コンビの仲良しわちゃわちゃがお好きな方にはAmazon.co.jp: タッキー&翼 : TEN (初回生産限定 FUTURE盤) (AL+DVD) - ミュージック(二人でロンドンめぐり)TRIP&TREASURE TWO(CD+DVD)(初回生産限定盤A)Amazon CAPTCHA

が手に取りやすくお勧めです。

 

(6)王道of王道な過去エピソード

同じオーディションを受け、同じ会場でJrデビューし、帝王学を叩き込まれる王道を行かざるを得なかった、そしてすべてのクエストをこなしJrのアイコンとして強烈に働いた滝ちゃん。のびのびと鬱々を行ったり来たりしていたなかでダンスという道を驀進していく翼。思春期真っ盛りに四六時中一緒にいてお互いの姿を目にとらえていたらそりゃぁ仲の一つも二つも悪くなるよねーな氷河期を、重ねた経験と再び同じ番組で共演・コンサートで組んで和解し、ソロデビューを打診され翼抜きでデビューしないと言い放つまでになった二人。ユニットデビューしてからも距離のつかみ方が下手すぎるあまり先輩の介入を受けるふたりは互いに対して限定のコミュ障なのかな?とある意味心配になるけれど、メールアプリでいたずらした自分の写真を滝ちゃんに送る翼だったり、自分のラジオで滝ちゃんへのお誕生日おめでとう電報をリアルタイムで送り出す翼だったり、翼がメニエール病で療養中、滝つを一人背負いきった滝ちゃんだったり、少女漫画と少年漫画を掛け合わせたかのようなエピソード満載の滝つはいいぞ。掘れば掘るほど白目をむくエピソードしか出てこないから、ドラマや2次元のバディ物が好きな方々にもお勧めです。

 

まだまだいっぱいあるけれど、きりがないので今回はこれくらいで。

ここまでお読みいただきありがとうございました。