読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El que rie ultimo rie mejor.

最後に笑う者が勝者

ジャニーズ楽曲大賞2015

ジャニーズ楽曲大賞2015

わすれないうちに今回私が投票したものを。

 

■楽曲部門

1位 「山手線内回り~愛の迷路~」 タッキー&翼

山手線内回り?愛の迷路?(CD+DVD)(初回生産限定盤A)

山手線内回り?愛の迷路?

山手線内回り?愛の迷路?(CD+DVD)(初回生産限定盤B)

とんちきな曲をイケボで歌い踊るとこうなるというお手本のような怪曲。近年の歌謡曲路線に沿っていて哀愁たっぷり。 Mステにて豪快に歌詞飛ばしてみたり、間違えてもよいように喜連瓜破という駅名をストックしていたり、インパクトの強さは折り紙付きの披露だったけれど、メロディラインとしてはむしろ良曲。


2位 「渇いた花」 関ジャニ∞

関ジャニ∞の元気が出るCD!!(通常版)

今の二人だからこそ歌える曲。曲としてももともと好きだったけれど、ジャズアレンジで、しかもそれが本人たちの演奏で、二人で完結している。すばるはこんな風にも歌えるんだなぁと感嘆し、ヒナちゃんはこんなにも歌えるようになったんだなと感涙する。

 

3位 「ペンデュラム・ラヴ」 タッキー&翼

 【早期購入特典あり】TRIP&TREASURE TWO(CD+DVD)(初回生産限定盤A)(A5サイズクリアファイル絵柄A付)

【早期購入特典あり】TRIP&TREASURE TWO(CD+DVD)(初回生産限定盤B)(A5サイズクリアファイル絵柄B付)

【早期購入特典あり】TRIP&TREASURE TWO(通常盤)(A5サイズクリアファイル絵柄C付)

チャラン・ポ・ランタン提供、TRIP&TREASURE TWO収録。 滝つから口説かれ、どっちが好きなのか詰め寄られるというハーレクイン真っ青な歌詞。 アコーディオン曲なのになぜかボカロ曲っぽいイメージもある。耳にがっつり残るメロディ。 何故3位なのかというと「俺」が滝ちゃんで「僕」が翼なところです。パブリックイメージだと逆じゃないかなーってそこだけ気になったの。


4位 「バリンタン」 関ジャニ∞
元気が出るCD収録。安くん作曲、ヒナちゃん作詞という初めての試み。安くんの職業作曲家ぶりは毎回のことながらお見事!の一言ですが、今回特筆すべきはヒナちゃんの作詞。内容の応援歌ぶり、韻の踏み方、言葉のチョイスが自然で聞いていて心地良い上に歌うともっと気持ち良い。


5位 「ソラソラヲ」 タッキー&翼
コメント TRIP&TREASURE TWO収録。同アルバム収録の「電車に乗って」と最後まで悩んだけれど、OPの美しさからソラソラヲを選択。スペインの街角のざわめきって感じの入り。 つばさはTRIP&TREASURE TWOでいろいろな歌い方を試していたようだけど、ソラソラヲの歌い方は本当に柔らかく優しい。しかも珍しく上ハモで、ただでさえ歌声が低いのに音程とるの難しそうだけど、滝ちゃんの声と溶け合って美しい。


MV部門 「CANDY MY LOVE(キャンジャニ∞)」 キャンジャニ∞

 前向きスクリーム! (期間限定キャンジャニ∞盤)(DVD付)

ぎりぎりコントにならないのは彼らの顔面偏差値のおかげでしょうか。 アラサー男性が演じる女子ドルというある意味キワモノなのに、曲的にはむしろ正統派。メインボーカルすば子さまとなかまたち。まだ見ぬ(渋)私の(安)あなたに(渋)逢いたい(錦)の部分が特に好き。 MVも明るくキャッキャうっふふ♡な女子ドル定番MVではなく、70年代少女漫画のような耽美な世界。窓際で桃薔薇1本持ってたたずむすばこさま。水槽越しの錦子ちゃん、ぬいぐるみを抱える安子ちゃん、刺繍中針を指にさす丸子ちゃん、好きな人の日記をぎゅっと抱える横子さま、ピアノを前に物憂げな村子ちゃん、鏡を覗き込み唇を指でなぞる倉子ちゃん。なぜ、この設定でショートドラマをとらぬ…!と詰め寄りたくなる良作です。

 

コンビ部門 横山裕村上信五
今までのレギュラーにくわえ新しく始まったバラエティ番組二つを陰に日向に牽引していく姿、自覚無自覚双方で補いあう様子があらためて名コンビだなとおもったので。背中合わせ系最強シンメ。

 

自担部門 今井翼