読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El que rie ultimo rie mejor.

最後に笑う者が勝者

元気が出るCD本編感想

関ジャニ∞

関ジャニ∞の元気が出るCD!!

元気が出るCDアルバム本編は、ライブはこのままの順番でセットリスト組んでもいいんじゃないかな!?ってくらいぴたっとはまってますね!

どの曲も聞いていて弾んでくるというかワクワクしてくるというか、基本的にCDは運転中に聞く人間なので、道中テンションが高値安定するCDは本当にありがたいです。

 

ライブで聞いたらぶちあがりそうな勝手に仕上がれ(Mステの侍バンド、言ったじゃないかと共にミスマッチだけど格好良かった!丸ちゃんのベースたまらん…!)

韻踏ィニティはなぜかボカロ曲のにおいがする。和楽器バンドの千本桜っぽさを感じるからだろうか。大好き。

気づいたら脳内でリピート設定になるバリンタンは歌詞がかわいいし寄り添い系応援歌だし、リズムも非常に好み。みんな大好きTWLの系譜

 

スペアキーはしっとり系。エイトはパブリックイメージとは異なり、未練がましい男の歌や2番手の男、別れの歌が良く似合うのがおもしろい。すばるの圧倒的な歌唱にくらいつくどこか哀愁ただよう歌声の亮ちゃん、上から下から明から暗まで自由自在に歌い上げるハモリ職人山田、歌謡曲のよく似合うおーくら、シュガーボイス横さん、明瞭で声量のあるヒナちゃんと歌声のデパートだからだろうか。それはさておき、スペアキーというタイトルだけ目にしたときにはマスターキーのアンサーソングかと勘繰ったけれど、むしろそういう意味ではWASABIのほうがマスターキーの系譜だった。WASABIの編曲が好みと思ったら野間さん。バリンタンも野間さん。私は野間さんのかかわるエイトの曲によわい。歌詞も2番目の歌だけど、珍しく肉食系というか、エイトに降りようか悩んでいるファンへの挑戦状にも聞こえる。

 

ナイナイアイラブユーグループサウンズっぽい!しかも珍しくストレートなまでに幸せな恋愛中の歌でこういう歌も歌えるんだな、大人になったんだなぁって、妙にしみじみ来た。

 

ナントカナルサはアイドルが歌う応援歌のど真ん中を行く感じ。勝手に仕上がれが気合い入れが必要な朝に聞くアジテーションソングなら、ナントカナルサは失敗して帰ってきた日に聞く曲かな。

 

イントロだけで、あ!サンボマスター!とすぐなったふりむくわけにはいかないぜ。こういう曲はマルちゃんが一番嵌る気がする。サンボマスターっぽいしエイトっぽいし、これも好きだなぁ。

 

元気が出るSONGはJUKEBOX収録All is well同様メンバーリレー作詞曲。歌詞の内容は似ているけれど、今回の歌詞のほうが前向きな気がする。

 

シングル曲もここ!って位置に配置されていて、前回の関ジャニズムにくらべて整合性がとれているというか、こうなってくるとタイトルがもったいなさすぎるというか、いや、応援歌の詰まったアルバムと考えればタイトルに間違いはないのかとかぐるぐるしてしまったり。

 歌唱力だったり、作詞作曲だったり、そういう能力は着実に成長がみられて定期的に楽器やアーティストに触れる環境(関ジャム)の影響もあるのかな。

 

関ジャニ∞の元気が出るCD、とにかくおすすめです!

関ジャニ∞の元気が出るCD!! 通常版は本編+横山錦戸/渋谷村上/丸山安田大倉のユニット曲収録CDがついています

関ジャニ∞の元気が出るCD!!(初回限定盤A)(DVD付) 関ジャニ∞の夏休みin北海道。メンバー同士、素の見え隠れする、わいわいした男子のやりとりがお好きな方にお勧め

関ジャニ∞の元気が出るCD!!(初回限定盤B)(DVD付) バラエティのエイトが好きになった方にはこちらがおすすめ。