読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El que rie ultimo rie mejor.

最後に笑う者が勝者

ジャニーズ楽曲大賞2014に投票しました


ジャニーズ楽曲大賞2014(http://j-m-a.info/)に参加しました。ジャニオタ復帰してから初めての参加です。


楽曲部門1位 「僕のそばには星がある」 タッキー&翼
コメント 発売当初は佳作ぐらいの印象でしたが、横浜アリーナで見た星空演出と、今の状態の滝つに重なっているかのような歌詞、改めて聞くと優しくそばに寄り添ってくれるような二人の歌声と色々積み重なって1位になりました。

楽曲部門2位 「キング オブ 男!」 関ジャニ∞
コメント 2014年上半期1位だった曲。曲調、男くさい歌詞、オラオラ系の演出にわかりやすい振りつけ。それからファンの売れてほしいと言う熱量も相まって思い入れ深い曲。

楽曲部門3位 「RAGE」 関ジャニ∞
コメント 切込み開拓隊長村上くんが掴み取ってきたタイアップ曲。シングル化されずに配信→アルバム、ライブではトロッコ曲とある意味不遇な曲ですが、曲調・歌詞共に正統派な応援歌。落ち込んだ時や困難なことをする際に流すと元気が出る曲。

楽曲部門4位 「ココロウルオシテク」 タッキー&翼
コメント 「戦っている」「生きていく」と繰り返されるフレーズ。どこか青臭く、だけど力強い歌詞と激しめの曲調はカンフル剤のよう。聞くだけではなく歌っていて気持ちが良い曲。

楽曲部門5位 「ねぇ」 タッキー&翼
コメント 寄り添い系応援ソング。ほれ行け!やれ行け!と発破をかけるのではなく、日々の些細な失敗や落ち込みも静かに受け止めて、一緒に歩んでいってくれるそんな優しい曲。

現場部門 Two Tops Treasure Tackey&Tsubasa Tour 2014
コメント 滝沢くんの力量と包容力でタッキー&翼のライブとして成立。確かにそこに翼の魂が降りていたと感じられたけど、肉体の不在がちらついて、楽しいけれど寂しい、切ないと相反する感情に翻弄された。純粋にセットリストとしては最高だった。

自担部門 今井翼タッキー&翼



ちなみに6位以降は象(関ジャニ∞)ギラメラ(滝つ)言ったじゃないか(関ジャニ∞)がむしゃら行進曲(関ジャニ∞)masterpiece(関ジャニ∞)ええじゃないか(ジャニーズWEST)です。
象とねぇが本当に僅差でひっじょうに悩みました。

というか、僕星は今回のライブがなければ10位圏内ではあるものの1位にはならなかったし、逆にキングオブ男は12月まで1位だったんですよ。
人生って何があるかわからなくて面白いですね。

そして今年はエイト6枚と滝つ2枚、アルバムはそれぞれ1枚、ウェストはデビュー曲、TOKIOのベストアルバムとジャニーズCDをよく買った1年でした。まぁ、全部初回AB通常という買い方なのでなかなかに金欠です。