読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El que rie ultimo rie mejor.

最後に笑う者が勝者

初ルミネ

行きたいとごねてたら相方が連れて行ってくれたルミネ!
当初の目的のチーモンチョーチュウの握手会だけではもったいないからルミネの三回目も見てきました。
間近で見た菊地さんにふわぁとなった。意外と手が大きく温かく、ぎゅっと握ってもらって目をしっかりあわされて、頭真っ白になりM1頑張って下さい応援してますしか言えなかった…。言葉に詰まったのに何?と待って促していただいて優しいな~とうっかりときめいたよ。
気になったのは手の温かさが熱っぽい感じだったことで、風邪ひいてるのかなと心配になりました。
あと底が高い靴履いてる気が(笑)オスメスのときより視線が上だったんです。
対する白井さんはふわぁっと触れる感じの握手で手のひら柔らかでした。目が合わせられなかったあせる
たぶん100人くらいいたと思われます。私の整理番号80番台だったので。チーモンチョーチュウ疲れただろうなあ。流れは早かったけど流れ作業って感じじゃなく好印象でした。

今回のルミネ三回目はショートネタ40連発。ジャンポケ人気だなとか5GAPの芸人人気とか、グランジの爆発力とか印象に残ったんですが、兎にも角にもいしはざが素晴らしく面白かったです。シャバダバ劇場とまさかのショートコント。全力。
そしてチーモンチョーチュウなんですが、卒業式のネタ(運動会ってやつ)まさかの白井さんネタとばし。二年目くらいにはよくあったけどと苦笑しながら菊地さんに耳打ちされてました。その後もリズムに乗り切れない感じ。誤魔化し方としては菊地さん上手で面白かったんですが、なんかもう、珍しいものを見たなとかえって得した気分に。
二本目のリフティングネタもいつもにくらべて乗り切れてなくてチーモンチョーチュウ二人して具合悪い?と心配になりました。導入部で何か苦手なもの~となったとき、さっきのネタが苦手とアドリブいれた白井さんにドカンと受けてました。
エンディングのとき菊地さんが何度か咳してたし最後列からみても首周りとか赤くなっていて発熱してると見た。
とはいえ、栗山・菊地・綾部でわちゃわちゃしたり大と白井でこそこそしゃべったりしてたので大丈夫なのかな。

グランジが三三七拍子と我慢できない症候群(五明さんワクチンをウイルスと言い間違い)
ノブコブが指揮者と謎のショートコント
アームが野球(漫才)とライダーで官能小説
ピースがイマジンと昔話(漫才)